HOME< 健康・節約術<食費も時間も節約!時短料理が食卓を救う

食費も時間も節約!時短料理が食卓を救う

食に関してお金を使わないことを意識すると、実は時間も節約できることに気付き始めます。こんなことならもっと早く節約生活を始めればよかった、と思うかもしれませんね。いまからでも遅くはありません。様々な工夫を凝らして食費も時間も節約してみましょう。

野菜の下ごしらえは思っているより簡単

野菜の皮をむいてカットする、これが案外面倒なんですね。特に残業で帰りが遅いときなど、つい「今日ぐらい外食してもバチはあたらいない・・・」と思ってしまいがちです。ただ、これが何日も続いてしまうとせっかくの節約生活が台無しになってしまいます。

そこで知っておいてもらいたいのが野菜の簡単下ごしらえなんです。例えば面倒な下処理が必要なゴボウ。皮をむくのが一苦労。包丁の背でこするとシンクのあちこちに汚れた水が皮ごと飛び散って後片付けも大変ですよね。ここでオススメなのがアルミホイルなんです。アルミホイルをあらかじめクシャクシャにしてシワをつけておきます。それでゴボウをゴシゴシこするだけでOKです。皮はアルミホイルについているので、そのままゴミ箱にポイ、これで下処理の完成しました。

下処理が面倒な野菜といえばショウガもそうですね。形がいびつなので皮をむくのが大変です。厚く切りすぎてもったいないなあ、という経験もあるのでは? 実はショウガは皮をむかなくてもいいんです。ぬれたペーパータオルで汚れている部分をこするだけで調理に使えます。皮ごと使える野菜なんですよ。

ちょっとの工夫で料理テクが上がる方法

特売になりやすい野菜の代表がジャガイモ。ところが、一から下処理をするのはやっぱり面倒に感じることも。残業続きで疲れがピークを超えてしまった、という場合にも役立つ情報をお教えします。チラシをチェックしてもしも冷凍ポテトが安くなっていたら買っておいてください。冷凍のフライドポテトはサラダに使えるんです。レンジで温めてそのまま潰せばマッシュポテトが完成します。冷凍ミックスベジタブルとあわせれば簡単ポテサラが作れますし、冷蔵庫の残り野菜とミックスしてもじゅうぶん大満足です。ハンバーグなどの付け合せにそのままトッピングすれば、ちょっとお洒落な夕飯が完成します。

これを踏まえて考えると、冷凍カボチャも同じように使えることに気付きます。レンジで温めてつぶせば、カボチャサラダの土台になり、これにクリームチーズを混ぜるだけで立派なおかずになるんです。皮の緑と身の黄色い部分が見た目にもきれいですね。サラダがあまったら翌日カボチャコロッケにリメイク! 無駄なく最後まで食材を使い切る、これが節約生活の秘訣です。

冷凍食品は特売になりやすいので、行きつけのスーパーにはどんな冷凍食品が置いてあるか、チェックしておきましょう。ディスカウントショップなどでは、生ものは扱っていないけれど冷凍食品だけは置いてある、というお店もあります。業務用などもあって安いので魅力的ですが、食べ切れない、冷凍庫に入りきらないというマイナス面が大きいがネックです。通常サイズを買うようにしましょう。もちろんご近所さんや親しい友人と1つの業務用を分け合えば、それは立派な節約生活のひとつになります。気心知れた人同士ならこういう節約法もありですね。