HOME< エコライフ<賢い暮らし方

もしかして、買っちゃうのもアリ?

不動産購入

人生、のんびりと構えている人も多いですが、要所要所では決断を早くしたほうがお得になることもしばしば。

マンションや一軒家の購入は、最終的にあなたの資産となります。

不動産購入を考え、実行することで最高の節約術となるケースもあるのです。
一戸建て[一軒家]の購入・戸建の検索なら【HOME'S】

自分のものにならない

賃貸でもあっても、分割ローンであっても、月々出費が必要なのは同じです。細かな違いは他にもありますが、最大の違いは自分のものかそうでないか?であると言えるでしょう。

マンションや一軒家などを購入すれば、月々の賃料からは解放されます。買い方次第ではありますが、住宅ローンを組むのが一般的でしょう。家賃もローンも、毎月必要なお金であることに代わりはありませんが、立場にはもちろん大きな違いがありますよね?

節約という観点からみると、買った方が良いか悪かについてはまちまちです。賃貸ではお部屋や建物に対する税金もかかりませんが、自分の所有物となったからには色々なものが必要となります。何年かに一度、リフォームも必要でしょう。

トータル的に考えて、リスクを背負ったとしても、気に入った物件があるのであれば購入を検討してみれば良いと思います。

最後は自分のもの

ローンを払い続ければ、最終的に物件は自分のものとなります。完済した後の生活は非常に楽なものとなるでしょう。

元々、住宅費用に人は収入の約3分の1をあてるのが最適、と言われています。分割払いを終えた場合、3分の1が自由に使えると言っても間違いではありません。

引っ越しや買い換えが容易に出来ない分、大きな決断を迫られる不動産購入。一国一城の主となるステータスと、将来の経済的余裕を目指して返済を頑張りましょう!

利用価値

購入したマンションやお家は、あなた自身が住む以外にさまざまな利用価値があります。うまく使うと、非常に節約に効果的であると言えます。

自分のマンションを誰かに貸して、家賃収入を得るのは金融投資と違って安定した収入です。仲介業者を挟んで、入居者の募集から管理まで、特に苦労もせずに行うことが出来ます。ほぼ何もせずに収入を得る不労所得は、みんなの憧れとも言えるでしょう。

不動産を持つことは、長い将来のことを見つめると非常にお得かもしれません。先見の明に優れた人であれば、一生にかかるお金を大きく節約することも可能です。自分は庶民だからといってスルーせずに、一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか?