HOME< 健康・節約術<レトルト食品が使い方次第で節約食材に早変わり

レトルト食品が使い方次第で節約食材に早変わり

衣食住の中でも特に「食」は、努力した分しっかり節約の効果が現れるので頑張りがいがあります。一見ムダが多いように見えるレトルト食品ですが、使い方次第で節約食材として大活躍してくれる心強い味方です。是非節約生活に取り入れていきましょう。

レトルトだから料理も簡単

レトルト食品は非常食にもなりますし、ちょっと小腹が空いたときに食べるというイメージが強いでしょうか。ところがいま日本で発売されている種類を見ると、普段の食卓に並べても十分満足できるものがたくさん売られています。おまけに1個あたりの値段も安いですし、特売品になりやすい傾向があるのでチラシチェックは欠かせません。

レトルト食品の代表といえばレトルトカレー。器に移して電子レンジで数分温めればできあがりなので、今すぐ何か食べたいというときに大助かりの食品です。お湯を沸かして温めるよりレンジでチンしたほうが光熱費を節約できます。あとは炊き立てご飯があればOK。レトルトカレーひとつ例に挙げても、有名メーカーが発売してるものもあれば、ご当地限定で売られているものもあります。ネット通販を使えば色んな種類が楽しめて楽しいですね。

レトルト食品に食材をひとつプラスで立派なおかずに

レトルト食品は手軽で美味しいものがたくさんありますが、日ごろの野菜不足を解消したいなら、何か野菜を足してバランスを整えるといいでしょう。例えばレトルトのカレーやハヤシライス、シチューの場合、カットしてレンジで温めたジャガイモや人参、ブロッコリーなどをプラスすれば栄養のバランスも取れて、見た目にも色鮮やかで食欲がそそられます。

もう少し手間をかけてみたいなら、先ほど温めた野菜をオリーブオイルをひいたフライパンで焼いても美味しくいただけますよ。香ばしさがプラスされて、レトルト食品が豪華な夕飯に早変わりです。ちなみにジャガイモ、人参、ブロッコリーは、カットして火を通すことで冷凍保存が可能になります。休みの日にまとめて下処理をしておけば、さらに平日の夕飯作りがラクになること間違いなし!

オススメのレトルト食品を探せ!

レシピサイトには、食欲がそそられる美味しそうなおかずが掲載されています。こんな料理を作ってみたいけれど手間がかかるし材料もたくさん揃えなくちゃいけないし、と諦めることが多いですが、そんなときに味方になってくれるレトルト食品。実はカレーやシチュー以外にも節約にうってつけのレトルト食品があります。調味料の代わりに使えるタイプです。

必要な調味料を計って入れるという手間がないので簡単。例えば麻婆豆腐やマーボー春雨などが代表的ですが、中華以外にも和食や洋風など色んな種類があります。あらかじめ具材やソースなどが入っているので、後は食材を1品~2品用意すれば立派なおかずができあがります。

レトルト食品は元々安いので節約生活にはかかせません。また、スーパーなどの特売日にさらに安くなる傾向が高いので、ひいきにしてるスーパーのチラシは常にチェックしてお得情報をお見逃しなく。節約生活は、お金を貯めることが目標ですが、節約するための工夫を楽しむことを意識する、これが節約生活を長続きさせるための秘訣であることを、是非頭の片隅においててくださいね。