HOME< 節約ファッション<「自分スタイル」を確立しよう

「自分スタイル」を確立しよう

自分スタイル 服にお金はあまりかけられないけれど、「無頓着な人」と言われるのもなんだか癪なもの。

ファッション雑誌を買って研究するほどではないにしても、ちょっとだけ他の同世代に差をつけるこんな方法はいかがでしょうか。




スーツに依存しすぎない

一着に及ぶだけで誰でもそれなりに様になる、ある意味万能ともいえる衣服、それがスーツです。 社会人ともなれば、質のランクや所持数の差はあっても、必ず持っているはず。 しかし、それに頼りすぎて自身のスタイルが行方不明になってしまっている中高年男性が多いのもまた事実です。 プライベートで着る服はスウェットやポロシャツ一辺倒、奥さんが買っておいてくれたものを着るだけ、という人も多いのではないでしょうか。 実際、普段はスーツの似合う素敵なミドルエイジが、私服に着替えた途端「おじさん」になってしまうことは多々あります。 その落差にひそかにショックを受けている女性もいるかもしれませんよ?

ブランド固めは野暮と心得るべし

ここに10万円あるとします。 これでジャケット・トップス・ボトムスを購入するとしたら、どんな内訳にしますか? それぞれの予算を同じくらいにするのもよいでしょう。 しかし、やはり一番賢い方法は、ジャケットにお金をかけること。 試着を念入りに行い、サイズもぴったりなものを選びましょう。 ハイブランドの服はなるほど質も仕立てもよいものです。値段だけのことはあると言えるでしょう。 しかし、現実には全身をブランドもので固めるのは難しいですよね。 そこで、ジャケットやコートなど面積の大きいものを上質にすると、仕立てや生地の違いがわかりやすいのでおすすめなのです。 初期投資は必要ですが、効果は抜群。長く着られるので結局はお得な買い物になること間違いなしです。

あえてプロに依頼する

身に着けているのがファストファッションの服ばかりだとしても、なぜだかオシャレで魅力的に見える、そんな人は周りにいませんか? 自分に似合うもの、好きなものがわかっていて、スタイルを確立しているから流行にも左右されず、ムダな買い物はほとんどしません。 そんなセンスを身に着けるには、失敗もたくさんすることが必要です。 しかし、まったく何をどうしたらいいのかわからない、という人はパーソナルスタイリストにコーディネートを依頼してはいかがでしょうか。 その人の体型やライフスタイル、パーソナルカラーなどを分析して、最も似合う服を提案・購入代行もしてくれるこのサービスは、最近注目を浴びています。 一度診断してもらえばそれ以降は「似合う服」を選べばいいので、結果的には節約につながる上、イメージアップもできますよ。