HOME< 健康・節約術<健康を意識した食事の節約

健康を意識した食事の節約

人は食事をして栄養分を体に取り入れることで健康や体力を作っています。食生活が乱れることで生活習慣病を罹患することや肥満体質にもつながるため、食事のバランスを考えることは大切です。家計において食費は高いウエイトを占めるので、節約を考えた場合に抑えやすい支出になります。食費の節約をする場合は食材を減らすことだけでなく、いかに安く健康的な食事を取ることができるのかもポイントです。

健康な体を作るための食事を考えるとお金ばかりかかりそうなイメージがあります。食材の価値は栄養価の高さで決まるものではありません。手間やプレミアでも価値は変わるため、かかる費用が栄養価に直結するわけではないことに注意しましょう。

外食が多い人の健康を意識した節約術

仕事の関係やお付き合いで外食が多い人はお金がかかるだけでなく、栄養のバランスが乱れている可能性もあります。お店でご飯を食べる場合やお惣菜、お弁当を買って食べる場合は予算を決めて食材のバランスを考えることも節約とあわせて意識しましょう。

お弁当を買うときのポイントとしては食材が多く入っているものを選びましょう。高いお弁当だから具材が多いわけではなく、野菜が多い弁当の中にはお手頃な金額で売られているものもあります。

外食が多く、バランスの取れた食事を取ることがむずかしい人は野菜だけ自宅で別途に取ることがおすすめです。料理を作る暇がなくてもスーパーやコンビニでカット野菜が売られているので食べるようにしましょう。野菜にかかるお金を節約して病気のリスクを高めるよりも、外食そのものにかかる費用を見直す方が大切です。外食をする際には野菜が多いものを選ぶことも大切です。

タイムセールを利用しよう

スーパーで販売されている食材やお弁当はタイムセールを狙って買うことをおすすめします。惣菜やお弁当はその日が消費期限になっているものが多く、夜になるとタイムセールが入るお店がほとんどです。

消費期限はその日のうちなら美味しく食べられるという意味なので、タイムセールで購入したものを次の日に消費しても健康に大きな影響を与えることはありません。ただし、刺身のような生ものについては保管の方法に十分気を付ける必要があります。

お店によってタイムセールのルールは違い、はじまる時間帯も異なるので何度か通って割引がはじまる時間帯をチェックしておくとよいでしょう。たくさん買って廃棄になってしまっては本末転倒なので、安くても消費できる範囲での購入を心がけましょう。

クーポンを活用しよう

お店によっては会員登録をすることでクーポンを配布しているところがあります。意図としては利用者の促進を図ることなので、品質に何の問題もなく使い方も簡単なものが多いため使わないと損です。

クーポンには期限があるものが多いため、使える日にちや時間を確認しておきましょう。お店が発行しているものだけでなく、情報サイトやクーポン専用のサイトから使用できる割引サービスもあるため、比較して選ぶこともおすすめです。

いかがでしたか?同じ食事をする場合も工夫次第で安く抑えることができます。一日100円でも抑えることができれば年間で3万円以上の節約にもつながります。健康に気をつけながら食費の節約に取り組んでいきましょう。