HOME< 健康・節約術<住居費の見直しで節約

住居費の見直しで節約

衣食住の支出の中でも住の支出は大きい傾向にあります。住宅ローンを組んで毎月支払いをしている家庭、賃貸を利用して家賃を払っている家庭など住居費の内容はさまざまです。 多額な支出が発生しやすい部分なので、ちょっとした工夫で数万円の節約につながることもあります。住居費の節約するポイントをしっかり押さえましょう。

住宅ローンの見直しで節約しよう

住宅ローンを組んで毎月支払いをしている家庭は金利に注目しましょう。数あるローンサービスの中では金利が低い部類ですが、借りる金額も数千万円から数億単位になることもあるので少しの金利の違いで毎月の支払いも変わります。 住宅ローンにかかる返済を減らす方法としてあるのが借り換えローンです。お金を借りている金融機関よりも金利の低い銀行で新たに住宅ローンを借り直すことで毎月の支払いを抑えることができます。借り換えローンをするためには手数料がかかるので、残りの返済が少ない場合は借り換えるメリットは小さくなるので注意が必要です。借り換えをするためには審査を受けて合格することが条件としてあります。勤務年数や月収、年齢などが審査対象となる要素です。 固定金利と変動金利だと変動タイプの方が金利は低めに設定されているので、目先の節約を考えているなら金利タイプの変更をオススメします。ただし今は住宅ローンの金利が低くなっているので変動だと今後金利が上がってしまった場合に支払する金額が増えるリスクもあるので注意しましょう。契約している金融機関に金利が下がるキャンペーンの有無を確認して、該当する場合は利用することをおすすめします。

賃貸で節約するコツ

賃貸物件の場合や管理人に毎月家賃を支払うスタイルです。ローンと違って住み続ける限りは支払いも継続するので、少しでも家賃は安い方が直接的な節約につながります。入居するためには敷金や礼金、仲介手数料などが発生するので、頻繁に引越しをするよりも同じところに長く住む続ける方が経済的です。 家賃の金額を決める要素に駅からの距離があります。車や自転車がない人にとっての足は公共機関が中心になるので、駅からの距離が近いほど価値が高くなって家賃も上がるのが一般的です。移動手段がある場合は公共機関からの距離が遠いところほど家賃は下がるので、離れたところを選んで住むことで節約につなげることができます。 過去に事故があった物件も価値が下がって家賃が下がります。特に事故物件が気にならないなら借りて住むのもおすすめです。管理人と家賃交渉をすることで値下げしてくれることもあります。持ち家はローンが終わると支払いが減る代わりに自分で修繕しなければなりません。賃貸の場合は永年的に支払いが続く代わりに管理人が大まかな建物の修繕をしてくれるので余分にかかる費用も少ないので経済的な一面もあります。

最後に

家は落ち着けるプライベート空間です。出費を減らしやすい部分ではあるものの、節約ばかりを気にするあまり、質を落とした家に住むことになってストレスを溜めてしまう可能性もあります。節約できるところはしっかりすることは大切ですが、無理をして生活レベルを下げてしまうのはモチベーションの低下にもつながることがあるので気をつけましょう。