HOME< 健康・節約術<食は健康の基本です

食は健康の基本です

食は健康の基本

節約を頑張ろうとすると、ついつい食事の栄養バランスが偏ってしまいがちです。
安い食材ばかりを購入してしまい、野菜はもやしくらい、では体調を崩す原因にもなりかねません。
お金をかけずに、きちんとした食生活を送るのは難しいかも知れませんが、家族の健康を思うなら、しっかりと考えておきましょう。



野菜は見た目を気にするべからず!

近年は野菜が高騰気味で、節約を考える人には、なかなか手が出しづらい状況が続いていると言えます。魚よりも肉の方が安く、調理も簡単なので、とりあえず買い物カゴに入れてしまうことも多いでしょう。野菜や魚を食べるのが、人には必要だと知っていても、「背に腹は替えられない」というのが本音です。

スーパーのあるコーナーに「おつとめ品」が置かれているのをご存じでしょうか?そこでは、形や色などが他のものと比べ悪く、売れ残ってしまうだろう食材を値引きして販売しています。見た目が良くなくても、味や栄養価は変わりません。節約とバランスのとれた食事を両立させたいのであれば、見逃せないポイントと言えます。

魚も魚介類も、大量購入がお勧め

大型のスーパーに行くと、魚や魚介類などが冷凍されて販売されている場合があります。味は落ちてしまいますが、食べられないことに比べれば、ずっとマシです。

大量に販売する代わりに、かなり安く売られているものもあります。毎日肉ばかりでは飽きてしまいますし、栄養も偏ってしまいます。冷凍庫に入れておけばある程度の期間は腐ることもないので、機会を見つけてたくさん買っておくのも良いでしょう。

夫の健康はお金じゃ買えない

毎日カップラーメンや、肉だけのおかずでは、体に不調が起こっても仕方ありません。節約を突き詰めるあまり、一家の収入を支える大黒柱が、病に伏せってしまっては本末転倒です。栄養の偏った食事や、美味しくない料理へのストレスなどが夫の体調を悪くさせ、生活習慣病の原因にならないとも限りません。そうなると、もう節約をしている場合ではないでしょう。

美味しいご飯は家族を笑顔にします。逆を返せば、不味い食事は家族から笑顔と健康を奪っていきます。幸せに暮らしてこそ節約が出来ます。お金に固執するあまり、大切なことを忘れてしまわないよう注意しましょう。