HOME< 節約ファッション<チープファッション

増え続ける安物ファッションにご注意?

増え続ける安物ファッションにご注意?

激安のファッションブランドが非常に増えてきました。

最近の若者は、質よりも値段の安さに心動かされるようです。

本当の節約は、安いものを買うことではありません。

「安物買いの銭失い」な服選びにならないよう、しっかりと確認してください。


そもそもどうして安いのか

激安ファッションは近年若者を中心に非常に支持されています。収入が少ない人でもおしゃれを楽しみたいのは当たり前。高いブランド品にこだわらなければ、いろいろな服を着ることが出来るようになりました。なぜこんなことが可能になったのでしょう? ブランド品の価値はデザインだけではありません。素材選びから製造に至るまで、こだわり抜いた手法をとることで、商品のクオリティーを維持しています。激安ファッションは、製造コストを可能な限り簡略化しています。二つを並べて比較してみると、差は歴然と言えるでしょう。

質より量も、実際アリ?

実際、人々が求めてるのは誰にも伝わらない細かなこだわりよりも、自分の持っている服の量であると言えます。毎日同じものを着ていてはつまらないですし、友人にセンスを疑われるかもしれません。その時期にはやっている服を、そのたびに何着も買うことが必要になっています。 最近の激安ファッションは、質が向上してきたと言っても良いでしょう。昔は安いふぁけと言われていたユニクロも、今では商品の品質が、高い評価を受けています。安いものでもしっかりと自分の目で見て選ぶことが、重要であると言えます。

大切な一枚は宝物になる

節約の観点から見ると、すぐに着られなくなる服を何枚も買うのはやはり良いとは言えません。洗濯をし、アイロンをかけ、またおろしたてのような気持ちで服に袖を通すのは気持ちが良いものです。何度も着ることで、愛着もわくでしょう。

服は確かに消耗品です。修復不可能な傷や汚れがついてしまった場合、残念ですがもう捨てるしかありません。一緒に過ごしてきた日々を思い起こすことで、「もったいない」という思いも芽生えます。次からはもっと大切に扱おうと考えれば、今後購入する服はもっと長持ちするでしょう。

安かろうが高かろうが、まずはあなたがその服を気に入るかどうかが重要です。自分の好きな服はいつまでも着ていたいもの。大切に扱うことは、節約にも結びつくと言えるのではないでしょうか。