HOME< 健康・節約術<日用品の節約術

日用品の節約術

日用品は特売日にまとめて買うもの、と意識しているご家庭も多いことでしょう。だからこそ、無駄のない使い方を意識しなければいけないのです。いくつもストックがあると、そこに安心してつい無駄遣いになりがちな日用品。使い方次第でいくらでも節約できますし、究極になると「使わない」という節約法も出てきます。

掃除に使う日用品を節約しよう

窓ガラスはあっというまに汚れますよね。その都度新しい日用品を使ったのではもったいない。だからといって窓ガラスを汚いままにしているのはだらしがない。ということでお勧めしたいのが「新聞紙」です。昔おばあちゃんから聞いたことがある!という方もいるかもしれませんね。新聞紙で拭けば繊維が残らないので手間も省けます。窓ガラスの外側は泥汚れが気になるので、古くなったバスタオルなどをカットして一度水拭きをしてからぬれた新聞紙で拭くと効果的です。実は新聞紙に含まれた油が窓ガラスをピカピカにしてくれる効果があるんですよ。家じゅうの窓ガラスを一気にキレイにしましょう。

床磨きに必要な紙シート。使い捨てなのでなんだか勿体無いですよね。これも使い古したバスタオルや着古したTシャツなどをシートの変わりに使いましょう。捨てる前にもう一役かってもらうというわけです。

キッチン関連の日用品を節約する方法とは?

やっぱり新聞やチラシは節約生活に欠かせません。キッチンペーパーは油きりなどに活躍してくれる日用品ですが、やはり使い捨てなので勿体無いですよね。そこでチラシの登場です。チラシにそのまま油物をあげるとベタベタするので、あらかじめクシャクシャにシワを作っておいたり蛇腹のように折りたたんで使えば、溝になった部分に余分な油が流れてくれます。

野菜の皮をむくときは、水で洗う前にむいてくださいね。水を含んだ皮はゴミの量が増える原因のひとつです。皮をむいた後に洗うようにしましょう。こうすることで水道代を節約できます。生ゴミ対策としてむいた皮や魚の内臓など捨てるとき、新聞やチラシに包んでから捨てれば嫌なにおいを防ぐことができます。これで水切りネットを使わずに済みます。あらかじめまな板の上に敷いておいて、あとは丸めて捨てるだけ。まな板も汚れないので一石二鳥ですね。

明るい家族計画はケチらない

避妊しない理由は色々あるかもしれませんが、計画的な妊娠出産はやはり安心した生活を送るために必要なことではないでしょうか。避妊道具の一つに、明るい家族計画というキャッチフレーズがあるコンドーム。いくら「日用品を節約しているから」と言って買わないわけにはいきません。自分はどうやらEDみたいだから必要ない、などと悲しい事を言わないでくださいね。EDは治療すれば治ることが証明されています。早めの治療を受けて、夫婦円満な生活を送ることができたら節約生活も夜の夫婦生活も満足できる日々を送ることができるはずです。

お買い得品になりやすいから使いすぎに無頓着になりやすい日用品。必要な場面ではケチケチしない、それ以外はムダを省いた使い方を心がけること、これが賢い日用品の節約術です。こうした生活を続けていると、自分なりに節約術を発見することもあるんですよ。節約生活を長く続けることは、とにかく「楽しむこと」です。