HOME< 健康・節約術<魚の缶詰はお買い得!日持ちもするから買い置きも安心

魚の缶詰はお買い得!日持ちもするから買い置きも安心

お魚は栄養満点なので、節約生活の中でも積極的に取り入れたい食材ですが、日持ちしないのが難点です。そこでお勧めしたいのが魚の「缶詰」。非常食としても重宝しますし、忙しくて買い物に行く時間がないときに、ぱぱっと手を加えれば立派なおかずとして早変わりします。

肉と比べると比較的値段が高めの鮮魚

タンパク質やDHA、カルシウム、タウリン、EPAが豊富に含まれているお魚。栄養満点なので出来るだけ毎日食べたいところですが、お肉と比較したとき「ちょっと高いかな」という印象があります。特売日にグラムで比較したときお肉のほうが安いことが多いですね。そのため、食卓はついお肉料理中心になってしまうというご家庭も少なくないとか。お肉より手間がかかるから魚料理は面倒というお母さんたちの声も多いですね。

そこで頼りになるのが魚の缶詰です。生魚に比べると栄養価が低いというイメージがありますが、缶詰に使われる魚は新鮮なうちに加工されます。ですから栄養も豊富ですし、骨ごと食べることができるのでカルシウムもたっぷり取れます。缶詰にもよりますが、1個の値段が100円前後とお得ですし、賞味期限も1年~2年あるので保存食材として優等生ですね。安いからといって買いだめしすぎると味に飽きてしまう可能性もあるので注意しましょう。

種類が豊富なので選ぶ楽しさもある

元々味がついているものが多いため、ちょっと手を加えるだけで簡単おかずの出来上がりです。さすがにそのままお皿に乗せたのでは味気ないですから、ちょっとひと手間かけて愛情たっぷり缶詰料理にレッツチャレンジ!

節約生活を取り入れている家庭が増えてきたことや、色んな種類の缶詰が売られていることも、缶詰レシピが多くなってきた理由のひとつです。しょうゆ味や味噌味、オイル漬けにされたものもありますね。最近では香ばしい炭の香りが漂う照り焼きや蒲焼もあります。和食だけでなく、洋風にアレンジされたタイプもあり、ご飯のおかずにも酒のつまみにも最適です。メインのおかずにもなりますし、サラダなどの副菜にも大活躍です。カレー味、スープ仕立ての缶詰もあるので大人から子供まで大満足の食材になること間違いありません。

ひと手間かけた魚の缶詰レシピがたくさんある

簡単レシピがたくさんあるんですが、例えばイワシ、サンマなどの蒲焼を炊きたてご飯に乗せれば蒲焼丼の出来上がりです。あとは万能ネギや刻み海苔、ごま、しょうがなどお好みの薬味をたっぷりのせて召し上がれ。

ちなみに万能ネギは、野菜売り場の見切り品でみかけたら必ず買っておいてくださいね。まとめて2束3束買っても平気です。そのまま野菜室に入れるのではなく、小口切りにして冷凍保存すれば使いたいときにすぐに使えるので、節約生活にはかかせません。刻み海苔も元々カットされているものは高上がりなので、自分でカットして乾燥剤と一緒に袋に入れて保存しておきましょう。乾燥剤やお菓子などに入っていたものを使えばOKです。

ちょっと小腹が空いたとき、缶詰で丼ぶり、チャーハン、おじや、色々試す楽しさが増えましたね。水煮系の缶詰なら味付けを自分流にアレンジできるので、レパートリーがさらに増えそうです。水煮の缶詰は塩分が含まれていることが多いので、成分表を見て塩加減を調節しましょう。