HOME< 節約ファッション<ブランド品は一着でOK?

ブランド品は一着でOK?

ブランド品は一着でOK? 上から下まで全て3000円の服で揃えるのはオシャレではありません。

インナーや下着は安く抑えて、一着だけとびきり格好の良いブランド品を取り入れましょう。

ファッションはトータルコーディネートで決まります。バランスの良いオシャレがカギです。


高級ブランドには要注意

安い服ばかりでそろえたコーディネートはどうしても、チープな印象になりがち。薄い生地にアピールの少ないデザインでは、オシャレを楽しむのは難しいでしょう。
ですが、ハイブランドの洋服を何着も購入しようとすると、すぐにお金は底を尽きてしまいます。ファッション貧乏ならまだ可愛いものですが、借金に手を出してしまうのは褒められたものではありません。若い女性には欲しい服のために夜の仕事を始める人まで。それだけファッションには魔力的な魅力があると言えるでしょう。

いいものをひとつ買え

高いものが良いものとは限りませんが、一流のブランドが作る服には、値段相応の価値があります。洗練されたデザインは当然として、こだわり抜かれた生地や素材は着心地も良く、数多くの洗濯にも耐えられます。
コーディネートにひとつ、こうしたブランド商品を入れることでファッションは見違えるほどセンス良く見えます。チープな服が高級な服の良さを引き立たせます。逆に、安い服はまるでブランド品のように見えてくるから不思議です。
服を購入する際、トータルで5万円と予算を立てるなら、3万円でまずは重要なアイテムを一着手に入れてください。残りの2万円で他のものを揃えましょう。ひとつ良い服があれば、着回しにも重宝します。結果的に節約にも結びつくでしょう。

季節ごとに見る強化すべきアイテムとは?

トップスにあまり重きを置かないシーズンの夏は、パンツを重点的に強化しましょう。薄い素材のものは破れやすく、膝もすぐに出てきてしまいます。ある程度の値段がするボトムスを用意しておけば、耐久性も問題ありませんし、なによりオシャレに見えます。ジーンズは汚れや破れがデザインのものもあるので例外ですが、チノパンやスラックスは、仕立ての良い上質なものを選んでください。
冬場にこだわるべきはやはりアウターです。高級感漂うコートが一枚あれば、中に何を着ていようが関係ありません。しっかりとした素材で作られたアウターは、防寒具としても優秀です。何年も着るものですから、良いものを選ぶようにしましょう。
全てをブランド品でかためる必要はありません。しかし、全てを中途半端なメーカー品で揃えても台無し。どこにお金をかけて、どこで節約するかを意識すれば、出費の少ないオシャレの楽しむことができるでしょう。