HOME< 健康・節約術<初心者でも安心・簡単!節約お弁当を持参しよう

初心者でも安心・簡単!節約お弁当を持参しよう

お昼ごはんは外でランチ、という方は平均で700~800円お金をかけています。これを一ヵ月に換算すると結構な金額になりますね。前日の夕飯の残り物をリメイクしたり、冷蔵庫のあまり食材を使い切ることもできるお弁当。節約生活を送るならお弁当は欠かせません。男性だってお弁当を持参する時代になりました

お弁当持参の第一歩は「無理をしないこと」

毎日作ることが苦痛でなければいいのですが、もしも負担に感じるなら一日置きでもいいんです。前の日の夕飯の残りがあったときだけ持参、これでもいいでしょう。長続きさせるコツは「無理をしないこと」です。お弁当作りにおいて大切なことなのでぜひ覚えておいてください。

なぜ無理をしなくてもいいのか、それはお弁当を持ち歩くとお金を使わないで済む、という実感を味わうことが大事だからです。節約に繋がってることを体感すれば、意識しなくてもお弁当作りが楽しくなってきます。飲み物も持参すればお昼に掛かるお金はゼロ。マイボトルも色んな種類があるので、デザインや色をお弁当とおそろいにするとお洒落で、思わず自慢したくなるかもしれません。お弁当作りは楽しい、節約は辛いものではない、と自然に思えるようになったら立派な節約マスターです。

お弁当のメリットは盛りだくさん

自分で作るお弁当だから好きなものを好きなように詰めることができます。例えば、成人病予防のために薄味のお弁当をこころがけたり、量も調節できるのでご飯の量を多くしたり少なくしたり、自分に合わせた自分だけのお弁当を作れます。普段野菜不足を感じているなら、切った野菜をレンジで温めてドレッシングも持参すれば栄養満点のお昼ごはんに体も大満足でしょう。

そのほか、わざわざ外に出る必要がないので時間を有効に使えますし、注文したりレジに並ぶ必要がないので面倒なことが一切ありません。お昼休み時間になったら手を洗ってお弁当を広げるだけ、これだけでOKなんです。近所に公園があればお天気を見て、外でお弁当を食べれば気分転換にも繋がります。

一人暮らしの男性だってお弁当を持参する時代

趣味にお金をかけたいから食費は節約している、という男性も増えてきました。節約の目的は人それぞれです。目的があれば節約も苦になりませんね。お料理が苦手という男性のお弁当の気になる中身は、卵料理にプラス一品、この組み合わせが多いようです。

卵焼きはそのまま焼いてもいいですし、ひと工夫してカニカマやタラコ、鮭などを入れれば見た目にもキレイですしもちろん美味しいおかずのひとつになります。これにプラス一品は食欲旺盛な男性にピッタリな肉料理が人気です。お肉は比較的安く手に入る豚コマ。焼くと固くなりがちですが、焼く直前に小麦粉をまぶしてから焼くと驚くほど柔らかくなりますよ。いくら安い食材だからと言ってもおいしくなければお昼ご飯が楽しくないですからね。甘辛い味付けが好みなら砂糖、しょうゆ、酒でOK。焼き鳥風の味付けになりますし、ここにしょうがを足せばしょうが焼きにもなります。

はじめてお弁当作りに挑戦する方も、コツさえつかめばすぐになれてくるはずです。朝起きて顔を洗って歯を磨くことが当たり前のように、お弁当作りも当たり前の日常になる日がくるでしょう。