HOME< 健康・節約術<家計簿で節約術

家計簿で節約術

節約生活を送る上で一ヶ月の支出を把握することは欠かせません。本当にムダのない生活を送っていたのか、もう少し節約できる部分があるのでは?、と確認する意味でも家計簿を習慣づけましょう。多くの方が「どうしても長続きしない」と後悔しているようですが、ちょっとした心がけでまったく負担にならずに家計簿を続けられますよ。

家計簿をつける前に

ただお金が出て行く様子を書き記すのではなく、節約の目的を改めて考える必要があります。例えば将来の結婚資金のため、子供の進学費用のため、老後の生活のため、このように目的を定めていれば、どのぐらいのお金がいつまで必要になるのか把握することができます。

それから毎月支払いが決まっているものは「必ず必要な費用」として分けておきましょう。例えば光熱費や住宅ローン、マイカーローンなどいくら支払っているのか、これをあらかじめチェックしておけば食費や交際費などいくらまでなら使えるのか目星をつけることができます。

家計簿は手抜きで十分

だからといって一から十まで書き記すのは大変ですよね。忙しい日が続けば家計簿をつけることすら億劫になってしまいます。だからこそ、家計簿は手抜きでいいんです。買い物をしたときにもらうレシートをそのままペタペタ貼ってもOKです。あとはマーカーなどを使って食費、日用品などに直接印をつけていけば、それぞれにいくらかかったのか見やすくなりますね。家計簿を長く続けるコツは「手抜き」にあるんですよ。

簡単家計簿で節約生活を目指せ

買い物以外にも、例えば公共料金なども明細書を貼ればOKですし、通販で買い物したなら納品書をそのまま貼ってもいいでしょう。何にいくら払ったのか分かればいいのですから、レシートや納品書などはそのまま利用することをお勧めします。

ただし、ゴチャゴチャ貼ったのでは見た目にも分かりにくいので、後で見返したときに分かりやすいよう工夫しましょう。食費や日用品のほかに光熱費、交際費、医療費、交通費、ガソリン代など分類しておけば、後から整頓する必要がないのでオススメです。引き出しの中に使わずあまっているシールなどを使えば、家計簿付けも楽しくなるかもしれません。月の終わりに家計簿をつけている自分への褒め言葉や、翌月の自分に向けて一言何か添えて自分流の家計簿作りを目指してみませんか?

家計簿をしっかり活用するために

家計簿が長続きしない理由に、レシートや領収書を貼って満足してしまうというものがあります。家計簿付けで一番重要なのは、どこにムダがあるか確認することです。最初に予定を立てた予算内に納めることができているかチェックして、次は予算内に納めるためにどうしたらいいか、もっと節約できるところがあったのではないか、そもそも予算が低すぎて無理があったのではないか、など見直す時間を設けましょう。

家族で暮らしているなら、夫婦一緒に家計簿を見直してみるのもいいでしょう。お子さんがいるなら家族みんなで家計簿を見直してもいいですよ。節約意識を高めるいいきっかけになるはずです。せっかく家族で暮らしているのに、誰か一人が頑張っていたのではなかなか節約効果も現れないですからね。